スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山形日記。まだ途中
8月は一度も日記書きませんでしたね。。。まあどんまいってことで。

今から書くのはゆのはの誕生日での日記です。まだ途中ですが。。。




8/5 11時、我が家へ集合開始。。。

今回の面子は、
・ハルヒと同等の力を持ち、人間を超えたピクシーである要はDQNの俺
・灯台ア○研でも変態と名高い、誰もがウタ部最狂だと
 認めるエース幻界
・一番常識があるがハヤテ12巻をおまけ欲しさになぜか20冊
 買ってしまった丼町
・ウタ部のダークホースであり「歌舞伎町で働かないか?」
 とバイト先でスカウトされたうたまる
・現在は幻界の家にいて、ゆのはな町出身のほなにー。こいつだけが頼りだぜ!!

である。あまりに強い。いつもいつも、それはそれはまるで親の尻を追いかけるカルガモのようだったが今ではその面影すらないぐらい染まったアッキーことやっくんと、溢れるジーニアス、でもくまのザクソンことザクソンは来なかった。ザクソンにいたっては俺と幻界と丼町君の電話にさえ出なかった。この野郎。。。

 で、今回しなきゃいけないこと。一番はもちろん

      「ゆ の は を 探 す こ と。」

以下、とあるコミュからそのまま引用。
・ほなにーを連れてゆのはを捜せ!
・まずはゆのはな町へ!
・そしてゆのははあのトンネルにいる!
・ほなにーの力を取り戻せ!
・ラーメンを42杯食え!(汁まで飲み干して)
・ゆのはが食べた数のアイスを食らい尽くせ!ちなみに数は53!!・・だっけ?
・宿はイラン!わかばちゃんが提供してくれるから!

まあ幻界のを引用すると
1、ゆのはな町を突き止める。
2、デスマーチを制覇する。
3、ゆのはが作中で食ったもの(アイス47個・パフェ・ステーキ・ラーメン41杯。ただし事前貯蓄があるのでラーメンは残り17杯)を制覇する。
4、温泉に入る。
5、ゆのは姫が死んだトンネルを突き止め、家出したゆのはを連れ戻し、ほなにーの力を復活させる。
 などなど。勿論ゆのはの誕生日ケーキは忘れません。

アイスは47のようですね。。

 俺は準備がまだ整っていなかったのでやつらが寝てる間に準備。徹夜しました。ゆのはな町の確認、ゆのはが死んだトンネルを完全に特定し、ゆのはなをリプレイして再度確認した後全員をたたき起こし出発。4時20分。電車は4時45分だから問題ない。

以下使った路線とかかった時間も含めてメモ的な何かをば。青春18切符だからね。。。2300円で秋田の奥地まで行ったぜ!

○市ヶ谷-上野 4:45~5:58

○水戸まで 常磐線[水戸]5:10~6:58

○いわきまで 常磐線[いわき]7:02~8:35

幻界「もう戦いは始まっている!アイス食おうぜアイス!」
そんなわけでコンビにでアイス。俺と幻界は3つずつ。後輩は1つずつ食べてた気がする。アイスなんかもう呼吸をするように食えるね!

○原ノ町まで 常磐線[原ノ町]9:23~10:39

 ここでもアイス買ったわ。このあたりから常磐線は調子こきはじめる。やったら速いのよね・・・。そもそも2車両になるし。

○仙台まで 常磐線直通東北線[仙台行き]10:50~12:11 

 仙台で飯を食う。せっかくなので牛タン丼。まあ濃かったけどうまかったような記憶がある。分からん。うまくなかったかもしれん。。。仙台と水戸駅は似てたなぁ。丼町君とうたまるの主張により仙台でひやけどめクリームと虫除けスプレー、帽子を買う。

[閑話休題]もし俺と幻界だけだったら
俺「仙台ついたぁ!今のうちにアイスとらーめん食おうぜ!」
幻界「ですよね!」
俺「ラーメン一人二杯、アイスは5個はいけますよね?」
幻界「お前、それはどんな挑発だよ!なら僕はアイス6個食べるね!」
こんな感じできっと何も買わずに、ゆのはな町に行って本当に後悔したことでしょう。それはあとで分かるのですが

○一ノ関まで 東北本線[一関]13:40~15:22

○北上まで 東北本線[盛岡]15:27~16:06

確かこの間の時間にもアイス買ったぞ。

○横手まで 北上線[横手]16:22~17:43

うむ、ここでもアイス買ったわ。

○秋田まで 奥羽本線[秋田]18:05~19:25

 秋田到着。ここで俺・幻界組、丼町・うたまる組に別れる。丼町組は仙台で買えなかったビニールシートなどを買いにいき、俺と幻界はケーキを買いに行く。外に出てみてはっきり言って
           絶 望 ! !

・・つくばより田舎だ。。。ケーキ屋とかねぇし。それでも探してなくてしょんぼりしながら丼町組と合流。ラーメン食う。電車のせいで10分で汁まで食わなきゃならない。死ぬ。幻界は水を入れて覚まして汁まで飲んでました。量が増えてたのにも気にせずぐびぐび飲みます。・・馬鹿すぎる。俺のも飲んでもらいましたが。うたまるは一人つけ麺を頼み楽をしてました。裏切りものめ!!

○遊佐まで 羽越本線[酒田]20:26~21:59
 ちなみにこれが終電です。うわーい早すぎ♪さすがに疲れていてほぼ全員寝ながらいく。寝過ごすとジ・エンドなんで交代で起きてましたが。

 そして念願のゆのはな町到着。まず左上の写真をご覧ください。駅が無人。足元で出来ていた模様は虫の死骸。多すぎだろっ!そしてバスの本数に絶望。3時間に1本。1日3本。爆笑。でも思ったより街灯があって明るい。ちょっとがっかりする。。。ほなにーにここが本当にゆのはな町なのか尋ねます。もう忘れたといわれました。ちくしょー!!ちなみに町の名物は湧き水。どんだけ都会なんだよっ

 駅から1km歩いた先にコンビニがあるのでコンビニへ。詳しい現地の地図とアイスを買う。アイス1日で10個食ったぜ!

 地図を見てここはゆのはな神社かもしれない。わかばちゃんに会えなかったしそこで野宿しようということで熊野神社へ。距離は確か6km。わかばちゃんに会えなかったのは白いギター「テスカトリポカ」を背負い、愛用のバイク「クワゥテモック」に乗っていなかったから、わかばちゃんが気づいてくれなかったのでしょう。わかばちゃんは悪くない。俺たちが悪い!ジョーーーー!!!!!!!!!!

 月光川沿いを歩く。この月光川はきっとゆのはなの作中に登場する光川、そんなわけで以降は光川と書きます。光川沿いを歩く。1kmほど進んで街灯が200mに1つとかになる。あまりに暗くてワクワクしてきます。これだ・・これが俺たちの望んだシチュエーション!!そんなワクワクを感じながら歩いていくとさらに街灯の本数が減りました。音も川の音だけ。たまに来る無茶苦茶飛ばしてる車の恐怖にも怯えながら道を歩きます。そして8/7、ゆのはの誕生日となりました。僕らは歩き続けます。

8/7 曇り

 ちなみに道路にはカブトムシが闊歩してました。2匹もいました。うわっふー!なんか出そうだぜ!!途中何度も人数を確認しながら、増えてたり減ってたりしてないことに安心しながら進みました。ていうか遠いわ!!丑の刻参りまであと1時間!もう魔女の刻限です。

 しばらく進んでようやく人の気配のあるところに出ました。熊野神社はもうすぐだ!!着いた。絶望。

幻界「僕こんなとこ泊まれないんだけど。」
丼町「森の中に作られてますし、確かに怖すぎますね。」
うたまる「すごいお面祭ってますしね。」

 もちろん俺も怖い。それにこれはゆのはな神社ではない。ありえない。そんなわけで先へ進む。学校みたいのがありましたが宿直室みたいなところの電気がついていたのであきらめます。不法侵入で捕まりたくないし。さすがに逮捕は怖い。そこからちょっと行ったところに郵便局がありました。そこのスペースで寝れそうなので寝ることにしました。ビニールシートをしいて、雨が降りそうだったからカッパを着て。右上のやつとかはその写真です。シャッターたいたから明るく取れただけで実際そんな明るくないです。図太い幻界以外はみんな人の気配に怯えていたようで俺が立ち上がっただけでビクっと起きたりしてました。うたまるも丼町も可愛いなっ!幻界はいびきかいてまじで寝てました。お前は本当に凄いやつだよ。僕はまったく寝れませんでした。

 1時間ほどたちました。雨が降り始めました。ちょっとだったので大丈夫だろうと思い、少し様子を見ました。結構強いぞ!この雨はゆのはが俺に早く迎えに来て欲しくて降らしたのでしょう。しかもちょっと遠くでなんか人が農作業始めた!!そこまでするのかゆのは!!あわててみんなを起こします。幻界以外はすぐ起きました。みんな慌てて準備します。幻界はどことなく余裕でした。

 みんな眠そうなまま先に進みます。ビニールシートの上じゃ硬くて疲れがとれないとか言ってたのは誰だったか忘れましたが確かにそのとおりですね。でも俺と幻界だけだったらきっとビニールシートさえなかったでしょう。

 時間は3時半。ただでさえ東京から秋田まで電車で来て疲れきっているのに1時間半ほどの睡眠で歩きます。疲れた体に鞭打って。「でも誰も俺たち何やってるんだろう?もうやめようぜ」とは言いません。何を言っても無駄だと分かっているのです。

 とりあえず回復するために温泉を目指し歩きます。RPGだと温泉で満タンになりますしね。RPGごときがそれだけできるんだから俺たちにもできる!その距離15km。今日はもうすでに10kmは歩いてるのにっ!スライムとか出てきても死にそうだ。

歩いているとだんだん白んできます。少しずつ周りが見えるようになってきて、ゆのはのいそうなほこらっぽいものをたくさん見つけました。え?こんなにゆのはいるの?・・まあ、今はほこらから抜け出していていないのですがね。。。

 そしてひたすら歩きます。泊まった郵便局から8kmほど歩いた地点です。ひぐらしの暇つぶし編で梨花ちゃんが赤坂を待っていたようなところに出ました。すなわちなんつーかすっげー雛三沢っぽいバスの停留所・・・。あとで写真貼りますね。

 うたまる「これは梨花ちゃんが待ってるんじゃないですかね?」
カナカナカナカナカナ・・・・・・

 うたまるのそのセリフの直後にいっせいにひぐらしが鳴き始めます。・・こえぇ。ここはまじで雛三沢か・・?

ひぐらしの合唱の中で歩き続けます。

 3時間くらい歩いてようやく目指していた温泉につきます。そのすぐ近くに霊泉があって、冷たい水を飲んだり歯みがいたりしました。気持ちよかったー。で、とにかく眠い!そりゃー俺は電車で多少寝たとはいえ2徹してますからね。みんなもたいして寝てないので眠そうでした。

 そろそろ温泉に行こうということになり、坂を上がります。車があまり止まっていません。ほとんど貸切で入れるんじゃね?とか思っていましたが、どうも人気がまったくない。着いてゆのはの仕掛けた罠だとわかりました。

            「8/7本日休館日」

・・・まじかよ。温泉だけを楽しみに歩いてきたのに。。。

みんなで絶望しながら近くの川原で寝ることにしました。川の水はむちゃくちゃきれいでした。ビニールシートを引くとすぐに睡魔が襲い掛かってきました。

しばらくして・・・
丼町「起きてください。雨です。あと虻がいます。怖すぎです」
まだねみぃよと思い時計を見てみると30分も経っていない。そこまでするかゆのはぁぁぁーーーーーー!!!僕らに安息はないようです。雨脚が強まってるのにまだ寝てる幻界を叩き起こし出発です。本来なら温泉に入ってから目指したかったのですが仕方ない。目指すは10km先の酒田市。そこから新庄に行って、かつてゆのはが殺されたトンネルへと向かいます。・・死んじゃうんじゃなかろうか。

 歩いていくと神社があります。もしかしたらここがゆのはな神社!?とか思いいきます。みんなはぐったりしていて僕一人でいきました。でもゆのはな神社じゃありませんでした。

 それから5kmほど歩いたでしょうか。道路標識が見えてました。あと何キロだろうとわくわくしながら肉眼で確認できるまで歩き続けます。

             「酒田まで12キロ」

 減ってねぇ!!どうやらゆのはに距離を増やされたようです。早く行かなければ怒って雨降らせたりするし、近づいたら近づいたで嬉し恥ずかしで遠くするし・・・。ゆのははツンデレだろわかりました。

 ふと右を見ると高尾酒店ならぬ神尾酒店があります。これは高尾酒店だろうということでアイスを食べます。ゆのはにならって3つ。ねこだましはありませんでした。
 これで半分以上いったぜ!と喜んでいるのもつかの間。腹を壊しました。昨日とあわせて15はいってるしなぁ、そりゃそうだ。その店でトイレを借りました。店主のおばちゃんはまじで嫌な顔してしぶしぶ家の便所に案内してくれました。礼はいわねぇぜ!言ったけど

 先へ先へとゆのはのもとに向かいます。また道路標識です。

             「酒田まで10km」

 これは無理だ。死んじゃうということで心も折れバスに乗ることになりました。バス停につきバスを待っていると突然どしゃぶりになりました。ここまでするか!?ゆのは!!とりあえずバスに乗ります。びしょびしょです。さすがにハートブレイク。バスの中ではみんな寝てました。

 30分ほどで酒田市に着きます。バス代は超高かったです。バスをつかったバツでしょう。まだどしゃぶりでした。濡れながら駅に走ります。

 新庄駅の切符を購入しました。結構時間があるので昼飯にラーメン食おうということになりました。もう昼かよっ。汁まで飲まなきゃいけないのにみんな賢いので過酷なもの頼んでました。辛いってわかってるのにね。
 途中途中みんなで腹壊してトイレに行きました。俺は20分は入っていましたね・・・。

新庄駅行きの電車に乗り、みんな当たり前のように寝ます。

 新庄駅はすごかった。なんと言ってもケーキ屋があります。酒屋もあります。ラーメン屋もあふれるほどあって、天国ラーメン、地獄ラーメンというものもありました。チェック。
 新庄駅に着くともう4時だったので今日はトンネルとか無理!野宿も無理!ということで宿を探します。3150円でやったら広い部屋のホテルにとれました。

 ホールケーキを3つ買って、すごくゆのはのイメージにあった酒、月山の雪も買って荷物をホテルに置き、温泉に向かいます。ジェットバスはよくあるけど電気風呂は初めてだったわ・・。まじで痺れるのね。もう二度と入りたくねぇ・・。後輩2人は20分ほどでさっさと上がりましたが僕と幻界は1時間ほどつかってました。あがると後輩に「なげぇ!市ね!!」と怒られました。ごめんなさい。

 温泉からは幻界と一緒に帰ります。後輩二人があまりにも素敵なアイスを見つけたので買いたいということでね。僕らも僕らで天国らーめん、地獄ラーメンに挑戦しなくてはならなかったのでちょうどいい。この辺は後輩のブログもご参照ください。http://d.hatena.ne.jp/gccbbs/20070813#seemore

 地獄ラーメンは予想通りひたすら辛いラーメンでした。ありえん辛さ。でも根性で完食しました。幻界の天国ラーメンはひたすら量が多い。寝ながら食ってました。結局幻界は食いきれず残します。まあ、寝ながら食ってたら食えんよ・・。ていうかお前が一番寝てるのになんでそんなねむそうなんだよ!

 ホテルに帰ってゆのはの誕生日を祝います。酒を買ったことを後輩にブーブー言われましたがさらりと流しました。だってゆのはのための酒だもん。

 いつものようにろうそくに火をつけてハッピバースデーを歌います。一人は一生懸命心をこめて、残りは投げやりに適当に、ハーモニーを奏でます。

 3個のホールケーキに苦戦しつつもいつもホールケーキを大量に食ってる俺らに敵はなく、無事完食。まあ、ほなにーの誕生日は7個食ったからなぁ・・・。晩朝昼晩朝昼晩朝昼晩とケーキだったもんね!

 そんなこんなでゆのはのお祝いも無事に住み、明日のトンネル散策に備え、僕らは寝ました。10時に寝たのにチェックイン1時間前の9時まで目を覚ましませんでした。まさかこのトンネル探索が、今までよりはるかに大変だとは夢にも思っていないのでした。


次回予告と次々回予告!

俺「これはRPGだ!とりあえず行き止まりまで進めば新たな道が開かれるよ!」

店長「分かった。そこまで連れて行ってあげよう。」

うたまる「・・・トンネルの前に霧がかかってるんですけど。ドラゴンが守ってるんでしょうか?」

丼町「トンネルの中なんか変な鳥が飛んでるんですけどっ!!」

幻界「なんでこのトンネルの先が見えないの・・?え・・?まじでここ通るの?超暗くて怖いんだけど・・・」

乞うご期待
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
街灯街灯(がいとう)とは、道路や共有地、公用地などを照らすために立てられた明かりのことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/10/02(火) 11:00:27 | 【車・道】用語辞典
copyright © 2005 過酷な日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。