スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬鹿な男だ・・
弟を交えて母親と会ったようです。弟があそこまで父親を罵倒するのを聞いたのは初めてです。ありえんわ。

なんか差別用語を使えばまさにキチガイって感じだったようです。どなるだけ。慰謝料を払わせる上で、合意書に、家が売れたら2週間以内に1500万を支払うと書いてあったことを言う(1ヶ月経っていたので)と、「弁護士は払う必要ねぇって言ったんだぁ!!それを1000万も払ってやってるんだから感謝しろ!!」とかなんとか。家が売れる前といってることが全く違いますね。ここまでくずだと思いませんでした。合意書に法的拘束力がないのは知ってましたが、子供の前ではどなるとかはしないし、この慰謝料は子供のためのものだから払ってくれるだろうと、あえて信用して法的拘束力をつけた文書をつけないでおいたのです。手続きもだるいし金かかるし。

とりあえずもらった1000万は僕はもらいません。始めはもらう気でしたが汚らわしくて使いたくもない。自分で稼げるしその程度の能力はあるのでこのまま行きます。奨学金も1本増やしますしね。将来の借金が大学在中だけで合計350万。安いもんです。遊んでたりしても100万くらいは余らせられますし。

今日メールで別れを告げました。”あなたは親ではありません。僕は二度とあなたに会う気はないです。この世に生を与えてもらった感謝すらありません。あるのはあなたの子供であるということを変えられない苦痛だけ。あなたが借金を返してとっとと死んでくれることを願います。”と。着信もメルアドも拒否したので返信はありません。理科大ということは知ってるので大学に来るかもしれませんね。来たら追い返しますが大事になったらやめなきゃならんですね。中退は嫌なのでさけたいですが。

僕にはこの男の血が流れています。汚らわしい汚い血です。一生背負って生きていかねばなりません。ちょっと違いますが一生の恥ですね。父親と似てるなぁと思うことが結構あります。そのたびにひどく嫌になる。嫌ですね。僕があの男の子だということは変えようのない事実であり、血を受け継いでるというのも変えることができないわけです。

僕も金にケチなところがありますがこういうたぐいのけちではありません。こいつを見てきたのでそうなったんでしょうがね。

これでこの話題が終わりになるといいのですが、まだありそうですね。だりぃ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
借金する場合に最初に問題となるのは、どこから借りるかということです。私は以前パチンコに凝ってしまい、サラ金から借金をしたことがあります。その時のことを考えると今でも冷や汗が出ます。パチンコ屋で手持ちの金がなくなり、帰ろうとしたときです。同じ建物にテレビコ
2007/03/26(月) 09:13:58 | 借金返済の道
copyright © 2005 過酷な日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。